町田で肩こり・腰痛治療なら根本改善治療の加藤整骨院

電話

院長コラムcolumn

肩こりで肩甲骨の角が痛い人治らない人

  • 肩・腕・肘の症状
  • 2021.10.29

肩こりのここの(肩甲骨の角)痛みがとれない、いつも痛くなる人

肩こりのここの(肩甲骨の角)痛みがとれない、いつも痛くなる人

肩こりといっても痛みがでるところは人それぞれです。首が痛かったり僧帽筋などの筋肉が痛かったりと様々な症状があります。その中でも一定数に見られる「肩甲骨の角」が痛い人にフォーカスして今回はコラムを綴ります。

結構多い肩甲骨の角(肩甲骨上角)の痛み

肩こりの相談でここの痛みを訴える人は結構多いです。仕事をしていると痛くなったり、持続的に痛みが出たり、夕方近くなると痛みが出てきたりして困っている方が多いでしょう。揉んでも叩いても、街のマッサージを受けてもなかなか痛みがとれません。なぜここが限局して痛くなるのか解説していきます。

キーは肩甲挙筋の走行

キーは肩甲挙筋の走行

第一頚椎の始まりから肩甲骨の角(肩甲骨上角)まで走る筋肉を肩甲挙筋といいます。この肩甲挙筋が停止している肩甲骨の部分は、まさに皆さんが悩まされているあの部分です。第一頚椎の起始と肩甲骨の停止部分、ここがもし引っ張り合ったとしたらどちらかに、あるいは両方に張り感を覚え、やがて痛みに変わっていくことが想像できます。

第一頚椎には椎間板がない

第一頚椎には椎間板がない

頚椎は全部で7つの椎骨で成っています。番号がふってある2~7までは、椎骨間に「椎間板」という強靭な繊維があります。これによって椎骨を強靭につなぎ止め、バラバラになるのを防止しているわけです。しかしその反面、関節の動きの自由度は奪われます。
1と2の間には椎間板がありません。椎間板がないことで関節の自由度が保たれ、主に右をみたり左をみたりという頚部の回旋運動のほとんどがこの第一頚椎と第二頚椎で行われます。進化の過程で人間の危機管理能力として頚部の回旋機能が必要だったのでしょうね。
自由度が保たれる反面、外的なストレスを受けやすく関節の不具合を起こしやすくなります。

こんな癖があると肩甲骨上角が痛みやすい

たとえば頬杖をつく癖があると、いつも手を添える側はそちら側だけ頭を持ち上げる力が首にかかり続けます。頬杖も左右均等についている人はあまりいないでしょう。※といっても左右均等ならよいわけではありません。
片側だけ頭部をリフトアップして頚椎にストレスをかければ、さきほどの椎間板のない第一頚椎は影響を受け続けます。第一頚椎が引っ張られ続け、そこで固定されてしまえば肩甲挙筋の停止部であった肩甲骨上角が引っ張られ、骨膜を刺激し痛みが生じてきます。
また、うつ伏せ寝が癖としてある人も、頚部を強く回旋して寝るので、頚椎は回旋と同時にリフトアップされ同じようなストレスを受け続け炎症を生じます。机につっぷして寝る学生さんも同じ症状が起こりえます。その他、テニスやバレーボールなどの片側スポーツを行う人もなりやすい症状です。

▶あわせて読みたい
むち打ちのメカニズム1

痛みのある部分にフォーカスしても解決しない

肩甲骨の角が痛いからと、その周辺をマッサージ器などで揉んだり押したりして、その影響で頚椎のバランスがもどれば痛みが去ることもありますが、頚椎のバランスが戻らなければ解決できません。街のマッサージ屋さんにいっても解決しないのはそのためですね。この辺の解剖学的理解をして揉んでくれる人はまず少ないでしょう。むしろ、解剖学的理解がないままに肩甲骨の患部を揉み続けると炎症が悪化してより症状が強くなります。

患部を触らなくても頚椎のバランスを改善するだけで痛みが瞬時に去ってしまう事もある

画像は構造医学の頚椎バランス整復器具

さて、上記とは逆に頚椎のバランスを整えさえすれば、肩甲挙筋による肩甲骨の引っ張りストレスが解放され瞬時に痛みが取れてしまうこともあります。急に痛みが無くなるからビックリする患者さんも沢山います。
しかし原因が頚椎にあっても、長い期間患っていると炎症が強く症状が抜けない場合もあります。この場合は頚椎を処置して炎症している患部を数日間アイシングし、頚部をリフトアップするような習慣をしないよう指導すれば大体の方が良くなっていきます。

いかがでしたか。
自分の肩こりの悩みはまさにこれだ!と思いながら記事をお読みになった方。
いつでもご相談ください。

▶あわせて読みたい
むち打ちのメカニズム2

B!

関連記事

新着記事

加藤整骨院ウェブ予約