町田で肩こり・腰痛治療なら根本改善治療の加藤整骨院

電話

院長コラムcolumn

椎間板ヘルニアは風邪のようなもの

  • 腰部の症状
  • 2021.08.13

椎間板ヘルニアは風邪のようなもの

当院の通院患者さんの中にも腰痛症の方は多くいらっしゃいます。その中でも「椎間板ヘルニア」と過去に診断されたことのある人が多数。不治の病と認識されている“椎間板ヘルニア伝説”はもう40年以上前に作られ「椎間板ヘルニアになった人は一生腰痛と付き合っていく」と頭に植え付けられてきました。

その風習はいまでも残っていて、当院に相談に来る方の多くは「わたしは過去に椎間板ヘルニアと診断されたから腰痛は治らないと諦めている」と問診時に話します。

腰痛の原因は90%が原因不明

椎間板ヘルニアの既往がある方に、私は「それが腰痛原因となるのはわずかで、椎間板ヘルニアの多くは自然治癒しているはずです」はっきりと申し上げます。MRI画像診断が当たり前になってきた昨今では、ヘルニア像が数カ月から半年ぐらいで自然吸収されていくのが多く確認されているからです。また日本整形外科学会が正式に「腰痛の原因は90%が原因不明」と発表しています。

今まで多くの方が診断されてきた3つの腰痛症
1. 椎間板ヘルニア
2. 脊柱管狭窄症
3. 坐骨神経痛

主に腰痛症は上記3つの診断に振り分けられてきました。しかし世界各国多くのエビデンスから、これらは腰痛の原因とするには不十分であり、90%の人は腰痛の原因不明と判断したのです。

▶ あわせて読みたい
椎間板ヘルニアは腰痛の原因ではない

このことからも医師の椎間板ヘルニアに対する対処は変わってきていて、仙台医師会松田病院のドクターは「椎間板ヘルニアは風邪のようなもので自然と治ります」と患者さんに話し、過去にヘルニアと診断され落ち込んでいる方を諭しているようです。

ヘルニアが風邪なのは解ったけどとにかく腰痛が治らない

さて、過去に上記3診断を受けたことがあり、未だに腰痛症状の出現と消失を繰り返している方の9割は、外の理由で腰痛が残っている事になります。その原因は不明とされているのでさらに不安にもなるでしょう。しかし当院ではこのような方たちに、多く力になってきた経緯があります。原因不明とされる9割の中の、原因となりうるものに切り込んだ考えを独自に持っています。

▶ 患者様の声
当院によせられた腰痛患者様の声

もしかしたらゴッドハンドなのかもしれない⁉

上記のような診断を受け腰痛に悩む方をこれまで沢山治癒に導きました。それってもしかしたら私はゴッドハンドなのかもしれません。…いやそんなわけありません。笑
とりわけ何かの才能もなく勉強もあまりできませんし、幼いときに伝説の勇者の紋章を授けられたこともありませんし、なんせわたし自身ゴッドハンドとか呼ばれるの好きじゃありません。治療方針として、わたしが一方的に与えるのではなく、患者さんと協力し合って治癒まで導くというのが信条です。それ以外に根本治癒はありえませんからね。

▶ 加藤整骨院の診療方針
完全治癒と根本治癒

▶ こちらもあわせて読みたい
どんな腰痛も一発で治すという治療院を信用していいのか

骨盤の状態に原因が潜む

さて、上記3診断を受けて尚、ずっとくすぶっている腰痛症の方の多くは、骨盤の状態に問題があることが多いと当院は考えています。ヒトの骨盤は非常に精緻でバランスしているのですが、このバランスが微妙に崩れてきたときに腰痛を引き起こします。

そのような考え方や診断法を、現代の整形外科学会では採用していません。学会が原因不明とした90%のすべてとは言いませんが、当方はかなり多くの割合で骨盤の異常が腰痛症の原因になりうると考えています。

もしあなたが過去に椎間板ヘルニアと診断され腰痛症が治らないのなら

もしあなたが過去に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などと診断され、長い間腰痛が治らないのであれば、骨盤の状態に問題があるかもしれません。椎間板ヘルニアの手術は上記の事から、腰痛改善にはあまり期待できない事もエビデンスが沢山あります。もしあなたがそのような境遇でお困りであれば、当院へ一度ご相談ください。

※画像はヒューマンアナトミーアトラスより

B!

関連記事

新着記事

加藤整骨院ウェブ予約