診療理念 | 肩こり・腰痛など体の痛みや障害を本質的に改善!-加藤整骨院【町田・相模原】

診療予約・お問い合わせ
042-711-7755

診療理念

当院の診療理念と院長・加藤のご挨拶です

「本当の整復師でありたい」

診療理念

整復の意味を辞書で調べると、“骨折や脱臼(だっきゅう)の生じた箇所を、もとの正常な位置になおすこと”とあります。
当院は、整復という意味を、そんなに狭い範囲の意味と捕えていません。当院の主張する整復とは、障害した体を治すことから始まり、その後のアフターケアなども積極的に指導し、患者さん自身が自立した生活を身につけ、生涯医療機関に頼らなくても済むような力を養うまでを“整復”としています。
さらには、医療という場を通じて、地球に存在する生命系を、現存する系を尊重しつつも、本来あるべき姿に還元していく力をも含めて“整復”としています。

本当の整復師でありたい。

今は微々たる力ですが、目の前にいる患者さんに全力を尽くし、やがては地球環境をも還元する力を持つ療養所を目指しています。

ごあいさつ

診療理念

こんにちは、加藤整骨院の加藤と申します。
皆さんには親しみをこめて「カトキチ先生」とよく呼ばれています。
体を動かす事が大好きで、中学では陸上競技、高校ではラグビー、卒業してからは格闘技にはまり、キックボクシングではプロライセンスまでとりました。
後楽園ホールで肩を脱臼し(泣)引退をしてからというもの激しいスポーツはしなくなりましたが、今は雪山をこよなく愛して、冬になると群馬や新潟の山に遊びに行きます。シーズン中はスキー場の救護室で、お怪我をされた方の応急処置なども行っています。
怪我が絶えない学生時代、お世話になった医療機関の存在はとても頼りになるものでした。今度は私が頼られる番だと勝手に使命感を持ち、日々患者さんの診察にあたっています。

開院は9年ほど前。
10坪ない小さな院で静かにスタートを切りました。当時は情熱のカラ回り(今でもそうかもしれませんが)でうまくいかない事が多く、悩みばかりだったのを覚えております。それでも真剣に取組み、現在まで3千人以上の患者さんを診察させていただきました。今思えば、現在の自分があるのはすべて患者さんに教えてもらったことばかりで、素直にそれを受入れ実践してきたからだと確信しております。
一人で頑張っていた院も、いつの間にか職員が増え、院の規模も大きくなり、時間が過ぎるのはあっという間であるとあらためて感じています。
私達は、自分達の診療活動に確固たる自信をもっています。ありきたりのうたい文句ですが、患者さん一人一人に対し、親切、丁寧に対応します。
どうぞ、お体にお悩みのある方は当院にご相談下さい。
私達が必ず力になります。

当院からのお知らせ

適応症状

首・肩・腰・膝の痛み
寝違え・五十肩・ヘルニア・坐骨神経痛
変形性膝関節症・関節水腫・足のむくみ
側弯症・O脚・猫背などの不良姿勢
頭痛・目まい・冷え性・肩こり・しびれ
スポーツ障害・骨折・捻挫・打撲
交通事故損傷など