寝てると足がつり、痛みと驚きで目が覚めてしまうかた、いらっしゃいますよね。
あれって強烈ですから・・・。

今回はその理由について、解明していきたいと思います。
こむら返りの説明には、まず解剖をちょっと知っていたほうが理解が早いです。
骨盤の後面には、下肢の後面につく筋肉が起こっています。また、こむら返りが頻発するふくらはぎは大腿骨からおこり、アキレス腱となって足の関節についています。これをよく覚えてくださいね。

こむら返りは骨盤の捻挫で起こることがほとんどです。

こむら返りが起きるときは、立って活動しているときではなく、寝ている時やプールで泳いでいるとき、片足を組むとき、もしくは産後のお母さん達などに頻発しています。

何故でしょうか

141020column01

腰の捻挫には色々なパターンがありますが、現代人はとにかく歩くことを忘れていますので、腰や下肢(股関節や膝関節など)の関節に必要な荷重がかけられないことが多く、関節が必要以上に緩んでしまうことがほとんどなのです。
また、偏った労作姿勢やスポーツ、床や椅子に座っている時の姿勢(あぐらや横座り)が悪く機械的にこのような状況になることもあります。

これによって、非荷重性の腰の捻挫が誘発されてしまいます。(腰痛や坐骨神経痛などで悩んでいらっしゃる方々は、ほとんどがこれを原因としています。ヘルニアが直接的な原因ではないことは明らかになっています。)よって、関節をまたぐ大腿や下腿の下肢筋肉は、必要以上に引っ張りの緊張をし続けていています。

それと同時に、軟らかい弾性体の筋肉は、伸ばされれば元に戻ろうとする習性がありますね。
ゴムを引っ張って離せばもとに戻りますでしょ?それと同じです。
こむら返りは、その必要以上に緊張してしまった筋肉が元に戻ろうとするときに発生する、一過性の収縮反応と考えられます。ゆえに、無意識で起こります。

骨盤から下肢の骨格構造をイメージして下さい。骨盤は歩行時回転しますが、緩む締まるの方向性があります。緩む時は前方に回転するため、後方の筋要素が引っ張られてしまいます。

プールや寝ている時に起きる

よく考えてみれば、プールや寝ている時は、足が地面に着いていない非荷重状態です。ただでさえ関節の捻挫で緩んでいるところに、加えて非荷重状態をつくれば下肢随所で緩みっぱなしになり、引っ張りで緊張した筋肉は正常に戻ろうとして”こむら返り”なる反応を起こします。

ですから、こむら返りの反応を止めるときは、皆さんも経験あると思いますが、足首を思いっきり起こして下肢全体に力を入れたり、壁に足を力強く押し付けたりして発作を止めています。これら動作は、すべて関節を締めている行動ですよね。

また、出産後の母体に起こりやすいのは、出産時にお腹を強く圧して出産した場合に骨盤が過剰に開いてしまうことや、正常な出産でも産後に腹帯をしないことによって、開き緩んだまま腰が固まってしまった場合などに起こりやすいです。(服帯は授乳中し続けるのが理想です。しかしほとんどの方はこの指導をうけていません。助産婦さんが活躍していた頃はポピュラーな指導でした。)この場合、服帯をしなおして、すこぶる歩いて腰を正常に戻すことが必要です。

治し方

こむら返りで悩む方は、以上の理由から骨盤の捻挫や関節の緩みを治すことが治癒への秘訣となります。
当院での骨盤や関節整復法で緩みを締め直し、足のこむらがえりは止めることが出来ます。自力で治す場合は、変則的な動きや姿勢悪さを制限し、とにかくよく歩く事で解消するでしょう。

また、歩く時間が取れない方、応急的に足のこむら返りを取りたい方にはスクワットが功を奏します。
両足をまっすぐに構え(若干内ハの字)一回に10秒ぐらいかけるつもりでゆっくりとスクワット動作をしてみてください。5~10回もすれば足のツリも止まるでしょう。継続していけば骨盤の非荷重状態から抜け出し、足がつらなくなります。

歩行によってヒトは形が決定する

141020column02

歩行は、ヒトにとって空気を吸うや、水を飲むと同等の生理活動です。空気を吸わないと窒息してしまうように、歩かないと随所で不具合が発生します。こむらがえりもその一例です。逆にいえば、歩行によって未曾有の疾病を事前に防止することも可能なのです。やはり基本は歩行ですね。

本来、ヒトの形は二足歩行によって決定してきたもの。
ヒト科特有の骨盤形状も二足歩行を成長期にしっかりとおこなった事により獲得してきたものです。崩れたバランスは、もう一度二足歩行で歩きこんで元の形に還元していくことが一番生理的な治まり方をします。

よく足がつる方(こむら返り)は、この記事を参考にしてみてください。

人間の体は皮膚によって全体と区分していて、生命活動は重力に抵抗する事。つまり膨張していく事は重力に負けていくことになるので身体にとっては都合の悪いことになるのです。

下肢筋群が関節の緩みによって膨張すると、これを解消しようと不随意で筋が収縮をはじめます。これがこむら返りの正体です。
よって、この関節の夜身を防止する事が根本的な解決となります。十分な栄養を摂っているにも関わらずこのような症状が起きているのなら、大概腰の状態に起因しています。

マメ知識豊富!もっと色々知りたい方は当院の人気冊子
年間通信いっぽいっぽをお求めください!
http://katosei.com/original-item.html